<< him ヨーロッパツアー 20 | main | him ヨーロッパツアー 22 >>
him ヨーロッパツアー 21
       

 1月27日 ナント

パリのホテルで目を覚ます


普段暑がりの相方が

寒い、寒いと言っている。

どうも体調を崩した様子。


集合時間間際、ホテルで朝食をとるも

他のメンバーの姿はまだ見えない


やがて郁子ちゃんだけ現れたが

朝の為、幾分元気がないか?


いったん部屋に戻り荷物をまとめる。

相方はだいぶ具合が悪そうだ。


ロビーへ降りるとメンバーが集まっていた。


ん?どうも皆の顔がすぐれない


哲士くんに続きタクマさん、郁子ちゃんも体調を崩したようだ。

どうやら3人とも同じ症状らしい。


ダグの姿が見えない

いつもは誰よりも早く起きているのに。。。


しばらくしてダグが大きな体を重たそうにして登場。


あー!やばい、ダグもだ、

顔色は悪く、朝の挨拶も出来ない程に憔悴してる。


メンバー8人中5人が一夜にして体調を崩す異常事態だ!!

ツアー始まって以来最大の危機!


ライブ地ナントまではかなりの距離を移動しなくてはならない。

フランスは以外と広いのだ。


今日はダグに変わりピエールが運転する事に

ピエールが運転出来てよかった。


皆辛そうな表情は見せまいと気遣っているようだが、

はたから見たら一目瞭然、完全に病人顔をしている。


ピエールの頑張りで無事ナントへ到着。

ここはどういう街だろうか?

あまり大きな街でもなさそうだが。。。


会場は昨日のパリよりやや大きめ

ステージは高く広い、照明も立派だ。


皆重い体を振り絞って機材のセッティング


ここでも本日の進行表が貼られ

食事の時間、場所までしっかり書いてある。

フランスは以外としっかりしているようだ。


今日のサウンドチェックはスムーズに出来た、

音もよく、演奏もしやすそう。


食事まで時間を持て余して

ついつい楽屋のパンやお菓子に手が出る。


楽屋裏手にこの会場の過去のスケジュールが

ずらっと飾られていた。


ソニック ユース、マーキュリー レヴ、ルナ、フガジ、ステレオラヴ、

キザイヤ ジョーンズ、ルインズ、ペイヴメント、フレイミング リップス、

スーパーグラス、スエード、トータス、ジェフ ミルズ、ギターウルフ、

リーペリー、パスカル コムラード、マグマ、ジョン ケイル等々。。。。

知ってる名前のオンパレードだ。


夕食は隣にあるバー&レストランで、

ダグは食欲がないと言って来なかった。

心配だ。


病気チームは気を使って離れて席に座る。


デザートまで含め3品も料理がでて食べきれなかった。


開演間際に会場へ戻るも

お客さんがいない。。。

うーん、いやーな予感。


郁子ちゃんがはじまっても会場には10〜20人か?

そんな中で郁子ちゃんが力を振り絞って歌う。

やはり今日は辛そうだ。


郁子ちゃんのライブを見届け楽屋へ戻ると

何だか燃えて来た。


今日は体調の悪いみんなの分までがんばろう!

気合いをいれてツアー中初めてTシャツでライブに挑む。


ステージに上がるといつの間にか

お客さんも増えて50人位入っているか?


始めはパリと同様やや硬い表情のお客さんも

演奏が進むにつれ盛り上がりをみせ、歓声もあがる。


それに応えバンドもヒートアップ。


結果、皆の体調の良かった昨日よりも

全然いいライブになった。


終了後も皆に笑顔が戻る


今朝の様子からしたら

いったいどうなることかと思ったが

何とか一日乗りきった。


ジェフの代わりに運転と物販を手伝ってくれた

ピエールとはここでお別れ、ありがとうピエール。


楽屋のパンや水、フルーツを大量に持ち帰り

12時過ぎホテルへ


みんな本当にお疲れさま

明日は皆が元気になりますように。


             




| himツアー | - | - |